かなざわ燈涼会

 

8.8~11まで金沢東山のお茶屋さんが固まってる町、主計町でかなざわ燈涼会というイベントが催されました。

ギャラリールンパルンパは源方院という由緒ある寺が会場でした。

 

出展作家はなんと20人前後いたので、かなりのごった煮展示です。

冷房がなく、蚊に食われまくる中、ギャラリーのオーナー夫妻、水元さん、keiさんなど汗だくで展示していただきました。

 

 

そしてそれらを取りまとめたのが京都からの救世主、染色作家の前川さん

多すぎる作品を素敵にしつらえていただきました。

上の写真をみてわかる人もいると思うのですが、どことなく

寺山修司の田園に死す

のラストシーンの青森の寺に似てませんか?

 

まあそんな感じを念頭に置いての展示でした。

 

 

 

 

 

 

前川さんの布団がドーン!

それに水元さんの角の出た茶碗がシャキーン!

その奥には新作のおしり人間がにょろ~ん

といった具合の昇天の間。

 

ほかのみなさんも寺とぴったりはまった雰囲気でした。