本音街

たまに東京に行くが、

地方と違い、東京は町ごとにまったく違う色になっている。

一駅違うと店の雰囲気、人のファッションもがらりと違う。

 

 

住んでいる人間のパターンもわかれているように思う。

 

 

町田康の短編「本音街」とはそうした特色をまさにあらわしているように思える。

そのなかからヒントを得た妄想世界ですね。

 

内容は

電車にのって久しぶりに本音街に行くという話。

そこはひとたび降りると本音ではなさなければならん場所で、

物凄い美女も、エレベータを出る際、すれ違いざま見惚れている主人公に

「今おならしたばっかりなのでくさいですよ」

と恥じることなく真顔で言ってくれる街。

 

社会に出たての時は人間の本音と建て前に右往左往させられて、

自分がどれだけ大草原に放たれていたのか痛感しましたが、

年々本音で話すことのできる人の大切さがわかってきました。

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    むらつ (金曜日, 18 1月 2013 12:39)

    むらつです。その本、気になります。
    カルボナーラ大好きです。誘ってください、私でよろしければ。。