めしあがれ

新しい、といっても、二年くらいずっと手をいれていたようなきがする作品です。

 

タイトル めしあがれ(Bon apetit)

サイズ  F10号

 

いつもみなさんがたべているお肉ですが、

食べられ、死んでしまうというのに、

よく見られるための装飾をほどこしています。

悲しいのか、媚びているのかわかりません。

私の中にも、一つの行動を起こす時に多くの矛盾点をはらんでいます。

これはみなさんもそうなのだと思います。

感情は複雑ですね。

 

 

日本の妖怪絵図を、見ていると、恐ろしいはずの妖怪はとてもユニークに、コケットリーに表現されています。

 

描き終えたとき手にとったのがそれだったのですが、

なんだかいまの制作物と共通しているきがしました。。