三島!

最近やる気がおきず、ずっと小説を読まずにいたのだけれど、

 

昨日久しぶりに大学1年時に耽読していた三島由紀夫を読んだ。

 

元来あっさりよりこってりが好きな私だが、

 

近頃はこってりをやりすぎてとおりすぎたものに惹かれる。

 

久しぶりに読む三島はこってり耽美すぎないように思え、

 

まるで一回りした後のヤンキーのようだ。

 

 

 

「志賀上人の恋」という短編を読んだ。

 

悟りをひらいてもう来世をまつのみと思っていた上人が

 

ある日御息所に恋をしてしまった話だが、

 

これを読んで岡本かの子の「鯉魚」をおもいだした。